マンションのチェックポイント

マンションをリノベーションしたりリフォームする場合に気をつけることは築年数を確認することです。築年数が新しい場合はまだまだ資産価値も高いですが、築年数が15年~20年だと資産価値も低くなりかなり安く購入できます。また築年数が15年~20年だと価格も安定しているので、購入しても急激に価値が下落することはありません。リフォームやリノベーション前のマンションの物件を購入すると、費用もかなり安くなるのでおすすめです。安く購入してから自分で好きなようにリフォームやリノベーションをするといいでししょう。マンションの物件を実際に下見をすることも大事です。これから住む部屋だけでなく共用部分もしっかり確認するといいでしょう。リフォームやリノベーションをして自分の住む部屋は綺麗にできても、共用部分が汚かったり不便で使いにくいと安心して住めません。マンションを契約する場合に気をつけることは、書類をしっかり確認することです。中にはリノベーションやリフォームを制限している物件もあるので注意が必要です。マンションの耐震もしっかり確認することが大事です。耐震診断を受けていたり耐震補強をしていると万が一の時でも安心です。

バックナンバー

↑PAGE TOP