家探し、いつがいいのか考える。

家探しをする際に、安い時期があると言われたら気になりますよね。良い物件が多い時期、安く探せる時期があります。まず、賃貸物件を探す人が1番多いのは、年末から3月までにかけてです。それは、新生活を前にして新たな生活の拠点を探す人が増えるからです。進学や就職と言った新しい生活が始まるのが四月なのでそこに向けて早めに探し始める人でも12月頃から始めることが多いです。早くから家探しを始めてしまうと、早くから家賃を払わなければならなかったり、止むを得ずキャンセルする場合に違約金を取られる可能性があったりと不利な条件が増えるからです。そう言った意味では、多くの人が家探しをする12月から3月は大家さんも強気になるので、安い部屋は少なくなると言えます。逆に、4月以降のいわゆる閑散期になると早く決めて欲しいので安い部屋が増える可能性が高くなります。家探しをしているお客さんの提示した条件が通りやすくなるので、家探しの時期を特に決めていないのであれば繁忙期を避け、閑散期を狙うと良いでしょう。また、進学や就職などの理由から繁忙期に探さざるを得ない人はなるべく早い段階でたくさん見て譲れない条件を決めると良いでしょう。空き予定の段階で決まってしまうことも多い時期なので、良いと思ったら迷わず決めてしまうことも大切です。

家探しの基本情報

新着情報

↑PAGE TOP